通販で買える高アミロース米まとめ

こんにちは、ゆったです。

血糖値の上がり方がゆるやで太りづらいお米として、糖質制限をしている人からも、アミロース含有量の多いお米が注目されるようになりました。

一般的に「高アミロース米」と呼ばれますが、一体どの銘柄が高アミロース米なのか消費者の私たちにとっては分かりづらいですよね。

そこで一般消費者が購入できる高アミロース米に絞ってまとめてみました。

残念ながらいずれの銘柄も主要な品種ではないため、スーパーで購入するのは絶望的です。

試しに大手スーパーの店員さんに仕入れてもらえないか交渉しましたが「多くの方からご要望があれば可能なのですが、、、」とのことで、やはり難しいようです。

ちなみに私が主に食べているのは「雪若丸」という品種です。よければチェックしてみてください。

 

高アミロース米の銘柄一覧

  • 銀河のしずく
  • はえぬき
  • ササニシキ ←私が食べているお米
  • 雪若丸
  • 夢十色 ←私が食べているお米
  • 越のかおり ←私が食べているお米

 

下に行くほどアミロースの含有量が多くなっています。

検索にかからないものや、栽培の状況が不明な品種は一覧から除外しています。

またアミロース含有量が極端に高い加工向けの品種についても除外しました。

 

銀河のしずく

アミロース含有量18~19% 岩手県産

2015年より県の奨励品種に採用されている注目のお米です。

アミロースの含有量は今回ご紹介する中では高くありません。なので効果のほどはわかりませんが、比較として載せておきます。

含有量としては主要品種である「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」よりも2%ほど高い数値となっています。

味については文句なしのおいしさで、コシヒカリを超えたとの声も多く、作付面積はどんどん拡大しています。

数年のうちに全国のスーパーに並び始めること間違いなし。まだ少し高めなのがちょっとだけ難点でしょうか。

令和元年産 岩手県産銀河のしずく(5kg)

 

はえぬき

アミロース含有量19~21% 山形県産

あのササニシキの後継を目指して作られた品種です。

一時期はスーパーでもよく見かけましたが、最近は甘いお米(低アミロース米)が好まれるせいか見かけなくなりました。

さっぱりしていて食べやすく、ササニシキが好きだった人にもオススメできるお米です。

ちなみにセブンイレブンのおにぎりは、はえぬきを使用しているという話があるので気づかず食べている人も多いかも。

created by Rinker
¥2,580 (2020/07/09 05:35:40時点 楽天市場調べ-詳細)

↑精米 ↓無洗米

created by Rinker
¥2,580 (2020/07/09 05:05:48時点 楽天市場調べ-詳細)

 

雪若丸

アミロース含有量21~22% 山形県産

「はえぬき」よりも食味が優れるとJAが宣伝していますが、好みの問題であるような気もします。

2018年に本格的な出荷が始まった新しい品種です。

ササニシキよりもかすかに甘みを感じますが、お米そのものの味はササニシキのほうが強く感じます。

高アミロース米を食べるなら「雪若丸」か「ササニシキ」が個人的にはおすすめです。

created by Rinker
¥2,980 (2020/07/09 14:56:31時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ササニシキ

アミロース含量量21~23% 宮城県産、山形県産、福島県産

かつてはコシヒカリと人気を二分した大人気品種でした。作付面積でも2位だったことがあります。

しかし、1993年の冷害による収穫不良を経験したことで作付面積が激減。

高い栽培技術が要求されることも農家の方から敬遠される要因となっているようです。

現在は宮城県が主要産地となっています。

おかずの味を邪魔しない上品な味で、いまでも根強い人気を誇っています。

↑精米 ↓無洗米

ササニシキ 無洗米5kg

 

夢十色

アミロース含有量27~33% 岡山県産

ここから一気にアミロース含有量が高くなります。

通販なら何とか購入できる、、、というくらい一般には流通していない品種で価格も高いです。

インディカ米ほどではありませんが、普通のお米と比べると細長い気がします。

普段食べているお米と比較すると、粘り気がなく甘みもかなり薄いです。

パサパサしているのでチャーハンやピラフ、リゾットのようにお米を使った料理に向きます。

そのまま食べる場合は浸漬時間を長めにとるといいかもしれません。また水加減を2合なら2.2合あたりになるように炊いています。

こうすると、だいぶん柔らかくなるので食べやすくなると思います。

次に紹介する「越のかおり」と同様に、お米から摂取する糖質を下げたい場合におすすめです。

 

越のかおり

アミロース含有量31~33% 新潟県産

お菓子メーカーのブルボンが「低糖質ごはん米」の名前で商品化しています。

メーカーが供給していることもあり価格も比較的安定していますが、やはり高め。

夢十色と同じく粘り気がなく甘みも薄いです。これに関しては高アミロース米の特徴なのでどうしようもありません。

工夫は必要ですがアミロース含有量はダントツで高く、夢十色よりも3割ほど安いので常に冷蔵庫にストックしています。

ピラフやパエリア、カオマンガイを作るときに使っています。

ブルボン 低糖質ごはん米5kg
created by Rinker

 

オススメとまとめ

実際に食べてみた感想として、以下のようにオススメします。

普段と変わらないお米がいいなら「銀河のしずく」

普段とそれほど変わらず、アミロース含有量が高くなる「雪若丸」か「ササニシキ」か「はえぬき」

値段は気にしないからアミロース含有量がダントツで高く、比較的食べやすいのがいいなら「夢十色」

なるべく安いほうがよくて、アミロース含有量がダントツで高いのがいいなら「越のかおり」

こんな感じになると思います。

個人的には良いとこ取りな「雪若丸」や「ササニシキ」から入ってみるのがいいかなと思います。

それではまた~